PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
New Entries
Recent Comment
  • 仙川美容室 老化対策化粧品:香川大の掛川教授らのグループが開発 大阪の会社があす発売
    AtoZ (08/27)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    仙川美容室 ストレスにビタミンCがいい理由
    0
       最近お会いするお客様は、以前にも増して背骨が緊張している方、頭がパンパンに硬く凝っている方が多く、気になります。さらにお話をうかがうと、「イライラしやすい」「怒りっぽい」「眠れない」「すぐ落ち込む」「ネガティブになってしまう」「食欲が止まらない」…等々といったことを訴える方が多いのです。もしかしたら、気づかないうちにストレスが蓄積しているのかもしれません。

       ストレスは目に見えないものですが、体の中にさまざまな影響を与えています。

       ストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。コルチゾールはストレスと戦うためにとても有効なホルモンですが、ストレスが長期間続いて慢性化し、コルチゾールが過剰に増えると、脳内で記憶を司る海馬の働きが鈍って「記憶力が低下する」「考えがまとまらない」という状態を引き起こしたりします。また、ドーパミンやセロトニンを正常に作り出せなくなってしまい、人によっては過剰に食べたりアルコール依存になったりすることもあります。

       さらに、ストレスを過剰に受けると、体内では「活性酸素」が大量に発生し、細胞の「酸化」が進みます。「酸化」というのは、物質が酸素と結びつくこと。例えば、鉄がサビたりレタスを切ってしばらくたつと茶色に変色したりするのも、酸化です。サビた鉄はボロボロにもろくなりますよね。体の中でも同じようなことが起きているんです。

       もともと体内には活性酸素の攻撃から細胞を守る物質(抗酸化物質)があり、繰り返し活性酸素の攻撃を受けると、抗酸化物質の量が少なくなってしまい、細胞がどんどん酸化し、細胞内のDNAが傷ついて正常に働かなくなるなどの問題が起こり、様々な病気につながります。つまり、過剰な活性酸素は臓器や組織に悪影響を及ぼして、老化や疾患の原因となります。

      <日常生活の中で起こる活性酸素の発生原因>

      ・ストレス
      ・紫外線を浴びたとき
      ・喫煙
      ・大気汚染
      ・多量の飲酒
      ・スポーツ・激しい運動(酸素の消費量が増えたとき)
      ・脂質や糖質の多い食事
      ・添加物の多い食生活

       食生活はある程度改善できても、ストレスをなくすのはなかなか難しいですよね。

       今回は、「分子整合栄養医学」「ホルモン療法」に詳しい、藤森徹也先生にアドバイスをいただきました。

      ビタミンCのとりかた

       バランスよく栄養を摂取することが大切ですが、その中でも、ビタミンC、ビタミンB群は、細胞を修復し、脳内バランスを調整するためにとても重要です。食事だけでは1日に必要な摂取量をとるのが難しいこともあるので、そうした場合はサプリメントで補充するといいですね。市販されているサプリメントの規定量より、多めにとってください。

      ◆脳の調整役……ビタミンB群(B1、2、6、12、ナイアシン、ヨウ酸)

      ・脳内物質の調整
      ・たんぱく質代謝のサポート
      ・酵素の活性化

       ストレスフルなときや安静にしなければならないときは抑制の方向に働き、仕事・勉強・考え事・ものごとの判断をするときなどには刺激する方向に働きます。

      ◆サビ(酸化)から守る……ビタミンC

      ・抗酸化作用
      ・抗炎症作用
      ・メラニン生成を抑制
      ・コラーゲン生成
      ・DNAを守る
      ・DNA修復を促進する

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       ビタミンCが足りている状態としては、「便が軟便になるくらい」が目安です。食前よりも食後に摂取するほうが胃に負担もかかりにくく、吸収もいいです。ビタミンC、B群は水溶性なので、とりすぎても蓄積されず、排泄されるので、多めにとっても大丈夫です。

       ちなみに私は1日にビタミンCを8000mgのんでいます。クリニックのお客様も平均4000〜6000mg摂取しています。

       ただし、一度に大量にのむと下痢をしやすくなるので、1回の量は1000mg程度に抑えるよう、気をつけてくださいね。体が必要とするときに体内にビタミンCがあることが大切ですので、こまめにとるのがお薦めです。


       私のいるサロンのグループの松倉クリニックでは、「分子整合栄養医学」を取り入れ、血液検査に基づいて、栄養療法をはじめとして、体調・精神バランスを整えて体の内側から機能を改善する治療を行っています。

      *「分子整合栄養学」に基づく検査(採尿・採血)…1万500円
      ビタミン、ミネラルの過不足と、それらを吸収する能力についても調べます。
      ※健康診断が「基準値」(=平均値)との乖離で評価するのに対し、分子整合栄養学では、病気にならないための「目標値」を基にして過不足を評価します。

      村木宏衣
      スタイルM 代表/アンチエイジングデザイナー
      エステ、整体、松倉クリニックでの経験を経て、多角的な独自の美容メソッドを確立。各界の著名人からの指名も多く、予約は2カ月待ちの状態。旺盛な知識欲が、他の一歩先を行く独自なメニューを生み、常に美容業界に話題を提供し続けている。近著に『顔筋整骨セルフビューティ』(主婦と生活社)、『1日1分からできる美脚リセット』(成美堂出版)

      郡山美容室 仙川美容室 仙川美容室ヘアスタイル 吉祥寺美容室 恵比寿美容室 宇都宮美容室 新宿美容室 おまとめローンのセレクト おまとめローン保証人なし 仙川美容室カット 仙川美容室ヘアカラー 仙川美容室パーマ 仙川美容室カラー 仙川美容室 仙川美容室ヘアスタイル 仙台美容室 仙台美容室ヘアスタイル 仙台美容室カラー 仙台美容室パーマ 仙台美容室カット 渋谷美容室 原宿美容室 代官山美容室 町田美容室 水戸美容室 吉祥寺美容室ヘアスタイル 吉祥寺美容室カット 恵比寿美容室カラー 恵比寿美容室カット 宇都宮美容室パーマ 宇都宮美容室カット 新宿美容室パーマ 新宿美容室カット 町田美容室ヘアスタイル 町田美容室カット 郡山美容室ヘアスタイル いわき美容室ヘアスタイル いわき美容室 いわき美容室カット おまとめローン情報 本庄美容室 伊勢崎美容室 高崎美容室 前橋美容室 横浜美容室 川崎美容室 越谷美容室 郡山美容室カット 吉祥寺美容室カラー 恵比寿美容室ヘアスタイル 宇都宮美容室ヘアスタイル 新宿美容室ヘアスタイル 町田美容室カラー いわき美容室カラー 渋谷美容室カット 代官山美容室ヘアスタイル
      posted by: s-sbiyou | 仙川美容室 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 19:33 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://s-sbiyou.jugem.jp/trackback/3
        トラックバック